11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
【9/24】 練習試合 

【大会名】

練習試合

 

【日時】

9月24日(日)

【会場】

日吉南小学校

【試合方式】

6人制・10分

8人制・10分ハーフ


【結果】

■1年生

・6人制/10分

。院檻

■院檻

1−1

ぃ魁檻

ィ亜檻

Γ亜檻

・8人制/10分ハーフ

。押檻魁複院檻院殖院檻押

 

【総評】

今回の試合では、フットサルコートくらいの広さで、6人制・サッカーのルールで行いました。

ほんとにいつも思うのは、このミニコートでの大会が頻繁にあればなと思います。

というのも、コートが小さい分、攻守の切り替わりが激しくなります。そうなるとポジションも関係なしに、ピンチやチャンスを感じていかなくてはいけません。結果、コートが広くても、危ない場面を自分から感じ取り、またチャンスの場面を自分から感じ取り、行動する。これってすごく大事なことですよね。

だからといって全面コートで試合をすることを否定しているのではなく、このくらいの年齢でこのような環境でサッカーをすることは彼らにとってとても良いのではないかと感じるのです。

ゆえに今回の練習試合はとても有意義な時間を過ごさせていただきました。

 

そして試合に関しては・・・・・

出だしは慣れるのに時間がかかったものの、とても良い試合をできたと思います。

ドリブルで仕掛ける部分、よく狙ったシュート。みていても面白かったです。

そんなかでもより良くするために、.廛譽垢侶兮貝■何楊棔Γ蛙楊椶亮虍守り方のこの3つが課題になりそうです。

,亡悗靴討蓮▲┘好肇譟璽蕕任鷲須の項目ですね。横浜で一番早いプレスをかけれるチームを目指したいです。それを連続的におこなうこと。

△亡悗靴討蓮一人だけがプレスをかけるのではなく、2人目、3人目も「狙う」といったところです。

に関しては、交わされてしまった時、攻撃されてる時に、どのように守るのかといったところです。守りは何をすることが守りなのか、それをはっきり理解し、その上でどのように守るのかを整理したいと思います。

具体的には、ゴールをさせたくない、シュートをさせない、そういった場合にボールを奪おうとする場面で、横からや相手の行きたい方向とは反対側からとろうとしている選手がいます。当然それは、邪魔にはなっていませんし、むしろ相手にはゴールをしやすくなってしまいます。そこで、いつでもゴールにふたをした状態でボールプレスをしたい。

といった部分を今後の練習でも行っていきたいですね。

 

そして最後に、全面での試合を行いましたが、1年生ののびしろはすごいなと感じました。

どの選手もレベルアップしているのを感じました。

今年は、地道にレベルアップを図り、来年の市大会・区大会が楽しみですね。

 

保護者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。

 

【PHOTO】

 

 

| - | pookmark |
2018 SALA フットサルフェスタ

【大会名】

2017 SALA フットサルフェスタ

 

【日時】

8月5日(土)

【会場】
SCHエスタディオ横浜

【試合方式】

5人制・10分ハーフ


【対戦チーム】

■予選

vs 大庭レグルス

○4−0

 

vs SCH.FC

●0−6

 

■2位パート

vs 公田SC

△0−0

 

vs 大豆戸FC

●0−3

 

→SCHさん主催のSALACUP、今年も参加させていただきました。

1年生初のカップ戦。

予選から強豪SCHさんとのブロック。

試合が始まってみると、選手一人一人のハードワークが目立ち、戦うことができていました。精神面では、怖がらずに挑むことが、普段の練習からの動きができてましたね。

技術面においては、まだまだ守備の部分で、ボールを奪い切れなかったり、助けてあげる意識をもっと持ちたいところですね。

点を取られれば負ける、点を取れば勝てる、このためにどう動きだすのか。それを頭の中で考え素早く行動に移す。→自然にできることを目指したいです。

まずは、そこからだね。

良い経験ができた大会でした。

 

保護者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。

 

【PHOTO】

SCHさんとの試合

リフティング大会ありました

各リーグでの試合

疲れ切っていますね。笑

最後はみんな笑顔で☆

| - | pookmark |
2018 SALA CUP 詳細

お世話になります。

8月4日(土)に開催されますSALACUP詳細となります。

↑クリック拡大

 

| - | pookmark |
U7 トレーニングマッチ

たちばなKCさんにお願いし、6月24日(日)に1年生の練習試合をしました。

 

朝から雨もふり、グランドも水たまりの中、朝から選手たちはテンション高めにサッカーを楽しみました。

 

【大会名】
トレーニングマッチ

【日時】

6月24日(日)

【会場】
高田小学校

【試合方式】
8人制・10分

 

【結果】
。院檻

■亜檻

1−0

ぃ院檻

ィ押檻

Γ魁檻

В押檻

 

【総評】

全7試合。年長さんにも助っ人に来てもらいましたが、1年生は全試合に出場しました。

 

テーマは、.棔璽襪鮹イい帽圓こと▲粥璽襪妨かう積極的な攻撃(ドリブル)

の二つがテーマでもありました。

試合では、相手に何もさせないプレッシャーをかけれたと思いますが、もっともっと、これができる人数を増やしたいですね。

そして、奪いに行くものの、前に行こうとしすぎて相手にぶつかり、また奪われてしまうといった場面もありました。

相手のいない空いている場所を探し、素早くごちゃごちゃした場面から抜け出せるようになるといいですね。

まずは、これが第一段階。

そして二つ目のテーマでもある、ゴールへ向かうドリブル。広いスペースに出たら目的でもあるゴールにいける一番の近道を探してほしいです。これがうまくいっているときは、得点することができていました。素晴らしかったです。

この2つは基本でもあるので、今以上にレベルアップしていきましょう。

 

そして、クラッキも数か月してきた1年生。

挨拶、荷物の整理整頓だいぶできるようになってきました。

まだ、お母さんやお父さんに手伝ってもあうことはありますが、自分たちでできるようにしていきたいですね。

 

今回は、荷物を置くブルーシートをみんなで協力して、たたみ、しまっていました。

よくできましたね。

ちょっとずつでいいので、できること増やしていきましょう。

 

保護者の方々には、我慢強く見守っていただけると幸いです。

応援、サポート、本日もありがとうございました。

 

【PHOTO】

 

 

| - | pookmark |
2か月・・・

1年生クラッキクラスも、トレーニングを重ね2か月。

とても上達してきました。

 

サッカーに対する意識、競技に対する姿勢、サッカー以外のメリハリなど、まだまだ成長中ですが、良くなってきました。

 

特に、1年生たちの良いところは、他学年との交流が他の学年以上にもてるとこ。

まだ人数が少ないので、学年単位で動くことはできませんが、

5・6年生と練習をしたり

3年生との練習

2年生との試合など、ここ数か月でたくさんやれました。

 

過去のエストレーラの選手も、上の学年にもまれ成長し、中には全国や、世界(ダノンカップ(ジュニア))で活躍した選手もいました。

今の3年生は、去年は中学生ともしました。

昔は、公園に行けば、上の学年のお兄ちゃんたちに混ざって色々なことで遊び、いろんなことを学ぶ、そしてそこで身に着ける子供社会の中での生き方。そんなのが、あったような気がします。

今では、その環境もかなり減ったのかなぁ・・・1個上、2個上はあるのかなぁ・・・

上の学年とできるというのはうらやましい限りです。

 

余談になりましたが、今後も上達していってほしいことは、

.棔璽襪紡个垢觴甲紂→ボールを奪うために強く当たったり、諦めずに追いかけること

▲棔璽襯織奪舛離譽戰襯▲奪廖→ひたすらボールタッチ(ドリブル)を練習し、いつも足元に吸いついている

そんなことを特にテーマとして行い向上させていきたいと思います。

 

それと同時に、この年代では、「サッカー」の本質をもっと伝えていきたいと考えています。

サッカーは点を取れば勝てる、決められれば負ける。

当たり前ですが、それを頭に入れながら、試合をし、自分が今何をしなくてはいけないのかと考えるのが難しいんです。

これも今後のテーマとしていこうと考えています。

 

以上、ここ2か月の報告になります。

夏には大会もあるので、頑張っていきましょう☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | pookmark |
【3月18】トレーニングマッチ

3月18日に菊名SCさんを招きトレーニングマッチ行いました。

 

天然芝での環境で子供たちは、動き回りサッカーを楽しみました。

 

○練習試合

3月18日(日) vs 菊名SC

 

○結果

vs 菊名SC ○29−1

※10分7本(5人制)

※10分ハーフ・15分1本(8人制)

 

○総評

5人制での練習試合は初めての試み、過去に大会で何回か出場しましたが、改めて5人制の試合では良い部分がありました。

1番は、攻守の切り替えの激しさ。

フットサルでもそうですが、攻撃から守備、守備から攻撃の切り替わりの部分。今一番、選手たちに伝えたいサッカーの部分です。

単純にこの部分が遅ければピンチ、早ければチャンスということを知ってもらいたいです。

また、人数が少ないことにより、全員でバランスの良い守備が必要なのも感じてもらいたいです。

そんな中でも、選手たちは良く走り、試合後は話し合いをするなど、良い環境での試合ができました。

今後もこの狭い中での練習試合の回数は増やしていきたいです。

現在活躍している世界の選手(ネイマールなど)も、少年時代はフットサル(5人制)で技術を学んできた選手が多いようですよ。

 

○PHOTO

芝でのサッカーは最高の環境だね☆

| - | pookmark |
2018年度 活動スタート

3月より、新年度クラスとして、活動がスタートしました。

 

現1年生は、4月より→U8として。

現年長さんは、4月より→U7としての活動となります。

 

早速、3月はトレーニングマッチ三昧で半ば終えようとしています。

 

^Щ

∪依整頓

J峪をすること

 

上記、3つはいつも心がけましょう。

 

また、ON、OFFの切り替えもしっかりできるよう、練習・試合後の着替えも行っていきましょう。

 

○練習試合

3月4日(日)  vs 東住吉SC

3月10日(土) vs KAZU.SC

3月11日(日) vs SCH日曜スクール生

 

○結果

vs 東住吉SC △10−10

※15分8本

 

vs KAZU.SC ○28−1

※10分ハーフ5本

 

vs SCH日曜スクール ○12−0

※10分3本

 

○総評

攻撃に関しては、勢いもあり、全員でゴールを目指すことができています。

攻撃している中での、それぞれの位置は、全員がゴール前で呼ぶだけでなく、バランスを考えた位置を気づけるとよいですね。

守備は、粘り強くしていますが、まだまだ「続けることのできる選手」が少ないです。ボールを奪い取るまで守備は続きます。

仲間に任せるだけでなく、一人一人が、奪い切るまでハードワークできれば、強固な守りが出来上がるはず。

頑張っていきましょう☆

 

○PHOTO

 

 

 

 

 

| - | pookmark |
【12/23(土)】 練習試合 HIP.SC  レオヴィスタ町田

http://u8a-estrela.jugem.jp/?eid=142

| - | pookmark |
【12/17(日)】トレーニングマッチ vsジュニオールSC

ジュニオールさんのお誘いで、千秀小学校にて練習試合をしてきました。

行きは、午前中にレコスリーグもあり、その後みんなで車で向かいました。

キャプツバを観て盛り上がり、いざ試合へ・・・

 

【大会名】
トレーニングマッチ(1年生)

【日時】

12月17日(日)

【会場】
千秀小学校

【試合方式】
7人制・10分ハーフ


【対戦チーム】
 ジュニオールSC

 2−0

□ぃ亜檻

○2−0

※PK戦

○4−2

 

→1年単独で動く練習試合は初めて。新しく入ったメンバーも合わせ、今回は挑みました。

試合の中では、相手を観て駆け引きを行える選手が増えてきた中、意図しないプレーが出た時は目立ちます。

例えば、相手の勢いに対しすぐに蹴ってしまったり、なんとなく蹴るパス。

特に、ドリブルを仕掛けはじめる部分で、相手のプレスが早く、あわてて、蹴ってしまうことが多かったです。

では、今後はどうしたら良いでしょうか?

やはり、まずは相手の状況を観る余裕を作ること、余裕がないから蹴ってしまったり、簡単に取られてしまう。

観る余裕もないくらいであれば、その状況になる前に、相手の位置や行動を前もって観ておくことが大切です。また、急なプレスに対しても、失わないようなボールの持ち方をしよう。←練習では、してきているからね☆

 

試合も終盤は、だいぶボールを失わないで運ぶことはできましたが、体力的な部分で、まだまだ走り込みが必要な気がします。

試合を経て、さらに磨きをかけていきましょう。

| - | pookmark |
第3回 Yakult Cup2017

町田JFCさんにお誘いいただき、YakultCupに参戦してきました。

 

【大会名】

第3回 Yakult Cup2017

 

【日時】

9月3日(日)

【会場】
町田シバヒロ

【試合方式】

6人制・10分ハーフ


【対戦チーム】

■予選

vs 大谷戸SC

△0−0

 

vs 町田JFC 藤の台

○4−0

 

→天然芝の素晴らしい環境での1試合目。

出だし好調で、ゴールを意識したドリブルがとても良く、ドリブルからのシュートといった流れを作れていました。

相手のゴールキーパーのナイスセーブに、得点はできませんでしたが、絶対決めるという気持ちの強さと、空いている場所を見つけしっかりとゴールに決める精度の高さが今後の課題かな。

2試合目は、全体のプレッシャーも早く、強く、その結果得点につながっていました。

 

■1位パート

vs 横浜すみれSC

△2−2

 

vs HIP.SC

●2−3

 

vs 町田JFC 木曽

△2−2

 

→1位パートに進出し、1試合目から強豪すみれさん。

出だしから気持ちの入った試合で、相手の動きをよく観てかわし、ゴールへの意識が高かったです。

圧巻は、1−1の同点の状態からの追加点。ゴールキックからきた浮いたボールをコントロール、2タッチ目でボレーシュート。

湧きました。素晴らしかったです。その後、幻のゴールもありましたが、最後の最後で失点。

2試合目に関してもそうですが、最後の最後に逆転と、勝ちきれる場面での最後のツメの甘さが出てしまいました。

ただ、まずは1位パートに行くことが出来たことが素晴らしいと思います。

そして、1位のグループで試合ができたことは、かなりの経験値を上げることができました。

その中でも、課題としては切り替えの早さ。失点したほとんどが、相手の切り替えの速さに対応できなかったことが失点につながっていました。

やはり、上記の部分においては、相手がゆっくりしている間に意標をつくのもサッカーの本質でもあります。(裏をつく)

普段の練習から、最後の笛がなるまで、状況を観て、判断できるよう、意識していきましょう。

 

【PHOTO】

| - | pookmark |
1/5PAGES | >> |