11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 2017 SALAフットサルフェスタ | top | 【12/17(日)】トレーニングマッチ vsジュニオールSC >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
第3回 Yakult Cup2017

町田JFCさんにお誘いいただき、YakultCupに参戦してきました。

 

【大会名】

第3回 Yakult Cup2017

 

【日時】

9月3日(日)

【会場】
町田シバヒロ

【試合方式】

6人制・10分ハーフ


【対戦チーム】

■予選

vs 大谷戸SC

△0−0

 

vs 町田JFC 藤の台

○4−0

 

→天然芝の素晴らしい環境での1試合目。

出だし好調で、ゴールを意識したドリブルがとても良く、ドリブルからのシュートといった流れを作れていました。

相手のゴールキーパーのナイスセーブに、得点はできませんでしたが、絶対決めるという気持ちの強さと、空いている場所を見つけしっかりとゴールに決める精度の高さが今後の課題かな。

2試合目は、全体のプレッシャーも早く、強く、その結果得点につながっていました。

 

■1位パート

vs 横浜すみれSC

△2−2

 

vs HIP.SC

●2−3

 

vs 町田JFC 木曽

△2−2

 

→1位パートに進出し、1試合目から強豪すみれさん。

出だしから気持ちの入った試合で、相手の動きをよく観てかわし、ゴールへの意識が高かったです。

圧巻は、1−1の同点の状態からの追加点。ゴールキックからきた浮いたボールをコントロール、2タッチ目でボレーシュート。

湧きました。素晴らしかったです。その後、幻のゴールもありましたが、最後の最後で失点。

2試合目に関してもそうですが、最後の最後に逆転と、勝ちきれる場面での最後のツメの甘さが出てしまいました。

ただ、まずは1位パートに行くことが出来たことが素晴らしいと思います。

そして、1位のグループで試合ができたことは、かなりの経験値を上げることができました。

その中でも、課題としては切り替えの早さ。失点したほとんどが、相手の切り替えの速さに対応できなかったことが失点につながっていました。

やはり、上記の部分においては、相手がゆっくりしている間に意標をつくのもサッカーの本質でもあります。(裏をつく)

普段の練習から、最後の笛がなるまで、状況を観て、判断できるよう、意識していきましょう。

 

【PHOTO】

| - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | pookmark |
Trackback
URL: